ABOUT
"Beautiful Shoes from Slow life"
 北イタリアの小さな村で、地元の食材と食文化を大切にしようと始まったスローフード運動。やがて食に限らず「心の豊かさを大切にした、急がない生活」を目指すスローライフという言葉が誕生するにいたりました。  大量生産しないLOBB'Sの靴は、そのスローライフな職人たちによる手作業で作られています。LOBB'Sは、受け継がれた技術と情熱をもって生み出された靴を、本当の豊かさ(心とモノと時の大切さ)を知っている大人へお届けします。
About LOBB'S
 靴職人の3代目として生まれたセネカ氏は、幼少の頃から父親に靴作りを叩き込まれ、20歳になるとデザインから製作まで全てを一人でこなすモデリストとして活躍しました。やがてマレリー社のデザイナーに就任したことで、一躍脚光を浴びるようになりました。そして'72年に独立し、'74年にロブスを立ち上げた後は、デザイナーとしての発想力・創造力を開花させ、「ビブラムソールのローファー」や「ドライビングシューズ」など、現代ではタウンユースとして確立されているスタイルを次々と発表し、一躍注目のブランドとして目されるようになりました。  近年では、イタリア人の日常履きであるレザースニーカーを再構築し、仕事にも休日にも、大人が履けるスニーカーとして展開しています。また、ビジネスシューズにおいては、「ブリティッシュ・トラディショナル」を掲げています。それは身嗜みとしての正統性を英国に倣い、現在のスタイルやトレンドを反映させた味付けを、イタリアの縫製技術と色染め加工、そしてモードの国ならではの感性が担うことで実現します。ライフスタイルが多様化し、年々トレンドが変化する中、 TPOに合わせたスタイルを提案できるのはイタリアンブランドLOBB'Sならではの強みと言えるでしょう。
The historic shoes of LOBB'S
1969
ロブス創業者セネカ・ヴィンチェンソ氏が1969年頃にナポリで某著名ブランドのモデリスタとして活躍中に、自ら手作りで完成させたマウンテンブーツです。ヴィブラム社がこのマウンテンブーツにインスパイアーされ、ソールをタウンシューズに採用し始めました。今や常識となった"タウンシューズとヴィブラムソールの組み合わせ"の原点となる靴です。
1975
ドライビングシューズを世界に先駆け1975年にいち早く発表。カーシューズと同期のデビューにより、"フォルテエモティオーネ"(強烈なエモーション)として世界中にセンセーションをおこしたモデルです。まさにドライビングシューズの原点ともいえる伝説の靴です。
1976
ロブスのエレガントなサマーモデルです。38年前の作品にもかかわらず、現在のトレンドなリネンパンツにマッチする普遍性を持ったデザインは、ロブスのメッセージモデルといえます。
1977
ロブスの原点であるブリティッシュスタイルをイタリア人モデリスタがアレンジした37年前の代表作です。ブリティッシュスタイルの域を超えたストレートチップをメッシュでアレンジしたデザインにより、季節感とエレガントさを感じる仕上がりになっています。
World Marine & Trade Co.,Ltd.:Copyright ⓒ 2014 All Rights Reserved